8.14 テアトル新宿(東京)ほか全国順次公開

木村勇太、25歳。夢は映画監督。

映画『ロックンロール・ストリップ』

後藤淳平(ジャルジャル)
徳永えり 智順
三戸なつめ 坂口涼太郎 ぎぃ子 町田悠宇
やべきょうすけ / 木下ほうか
原作:木下半太「ロックンロール・ストリップ」(小学館文庫刊)
音楽:Calmera
監督・脚本:木下半太
製作:「ロックンロール・ストリップ」製作委員会
配給:ベストブレーン 企画:株式会社タッチアップエンターテインメント後藤淳平(ジャルジャル)
徳永えり 智順
三戸なつめ 坂口涼太郎 ぎぃ子 町田悠宇
やべきょうすけ / 木下ほうか
原作:木下半太「ロックンロール・ストリップ」(小学館文庫刊)
音楽:Calmera
監督・脚本:木下半太
製作:「ロックンロール・ストリップ」製作委員会
配給:ベストブレーン 企画:株式会社タッチアップエンターテインメント

8.14 テアトル新宿(東京)ほか全国順次公開

INTRODUCTION

「踊れない芸人」後藤淳平が魅せる、
笑劇のパフォーマンス?
後藤淳平“初”単独主演 × 木下半太
長編映画“初”監督作品

ジャルジャル後藤淳平“初”の単独主演映画は、大阪のストリップ劇場を舞台に、映画監督を夢見る劇団座長が売れない劇団員とともに、奇跡のパフォーマンスを繰り広げる痛快エンターテインメント。
夢だけはデカい木村勇太(後藤淳平)の恋人・栗山千春役に徳永えり、ストリップ劇場で前座をやってほしいと勇太に頼む美人ストリッパー旭川ローズ<冬音>役に智順、勇太の妹で人気ロックバンド「マチルダ」のボーカル・木村朋美役に三戸なつめ。
そして、坂口涼太郎、ぎい子、やべきょうすけ、木下ほうかなど個性派俳優が脇を固め、品川祐(品川庄司)、村田秀亮(とろサーモン)、堤下 敦(インパルス)、佐田正樹(バッドボーイズ)が物語に濃いめのエッセンスを加えております。
楽曲は、史上最大のひとり芸No.1決定戦「R-1ぐらんぷり」オープニング曲である「ロックンロールキャバレー」を演奏しているバンド「カルメラ」が担当。
監督は、自伝的小説「ロックンロール・ストリップ」の原作者・木下半太。本作にて長編映画監督デビューし、20年越しの夢を叶えました!
負け犬が夢を追いかけ続ける、笑って泣ける青春群像劇をお楽しみ下さい!

STORY

木下半太監督の半生を描いた自伝的物語

売れない劇団の座長・木村勇太(後藤淳平)の夢は、映画監督になること。しかしその実態は、観客がまばらな劇場で演劇を続けたあげく、劇団員たちに愛想をつかされ解散。長年付き合っている恋人・栗山千春(徳永えり)との結婚に踏み切ることもできず、人気ロックバンド「マチルダ」でボーカルをつとめている妹の木村朋美(三戸なつめ)とは大違いで、散々な日々を過ごしていた。経営している大阪のバーの常連にも「夢は諦めるのが早いほうがいい」と言われる始末。
ある夜の閉店間際、勇太はバーにやってきた謎の美女・冬音(智順)から、赤星(ぎい子)、ビーバー藤森(坂口涼太郎)、火野(町田悠宇)と共に旗揚げした劇団「チームKGB」にストリップ劇場で上演してほしいとお願いをされる。冬音は「チームKGB」のファンで、なんと人気ストリッパー旭川ローズだった。
劇場を満員にしたい旭川ローズの想いを叶えるべく、場末の劇場を舞台に、勇太たち劇団員4人が町中を巻き込んでの珍騒動が始まる。

CAST・STAFF

後藤淳平木村勇太 役

1984年3月20日生まれ・大阪府吹田市出身。
2007年、『日常〜恋の声〜』(笹部香監督)にて映画デビューを果たす。
2010年、ジャルジャル主演映画『ヒーローショー』(井筒和幸監督)
が話題となり、2012年には『営業1∞万回』でもジャルジャルとして主演を務める。『銃』(2018/武正晴監督)、『記憶にございません!』(2019/三谷幸喜監督)
など日本を代表する映画監督の作品に出演し、役者としても活躍の場を広げる。
2015年、2018年ともに、M-1グランプリにて第3位。2019年、キングオブコントでも第3位。
バラエティ、ドラマ、映画など幅広いジャンルで人気の芸人である。

コメント

監督の自伝的小説の映画化ということでかなりのプレッシャーがありましたが、監督の下積み時代の話が、僕の下積み時代の話とかなり重なる部分があったので思い切ってチャレンジさせてもらいました。
「映画監督になりたいんです。」という台詞があったのですが、それを実際に映画監督になった監督が撮影しているという状況に鳥肌が立ちました。
目をキラキラさせて撮影している監督に引っ張られるように、出演者もスタッフさんも全員目がキラキラしていました。
スクリーンからもそのキラキラは必ず伝わります!
そして観ているお客さんの目もキラキラさせることでしょう!
まだ何者でもない若者ががむしゃらに夢を追う姿は尊い!
みんなに観てほしい!!

木下半太原作・監督

1974年8月9日生まれ・大阪府茨木市出身。
映画監督。小説家。漫画原作者。俳優。
劇団『渋谷ニコルソンズ』『なにわニコルソンズ』主宰。
2006年に「悪夢のエレベーター」で作家デビュー。同作は、テレビドラマ、舞台、映画化され話題に。
代表作でもある「悪夢シリーズ」は累計80万部を突破。著書は、韓国やタイなどでも翻訳されている。

コメント

25年前、大阪の映画専門学校で講師と喧嘩をした。
「お前、映画監督になれると思ってんのか?」
その言葉が俺の胸に突き刺さったまま、劇団を立ち上げ、先輩とバーを経営し、なぜか小説家になり、初監督の映画を撮りました。
夢を叶えるのに四半世紀。長かったようで、これが一番の近道だったのかもしれません。
ロックンロール・ストリップは負け犬が走り続ける青春映画です。
今、夢を叶えようともがいてる人たちに観てもらえたら幸せです!

原作情報

書籍「ロックンロール・ストリップ」

「ロックンロール・ストリップ」
(木下半太・著/小学館文庫・刊)
本体価格:730円+税
電子書籍価格:各販売サイトでご確認下さい。
©木下半太・小学館

木村勇太、25歳。夢は映画監督。
今は売れない劇団をやりながら、大阪市K区寿町でバーを経営している。
ある日の閉店間際、「冬音」という見慣れぬ美女が店にやってきた。
ストリッパーだという彼女は、勇太にストリップ劇場で前座をやってほしいと頼むのだった。
なんとか劇場を満員にしたい、力を貸してほしいと――。
そこから勇太たち劇団員4人の、場末の劇場を舞台にした、笑いあり、涙ありの悪戦苦闘の日々が始まった!
「悪夢」シリーズで大人気の作家が描く、“めっちゃおもろい!"半自伝的青春小説。
これって一体・・・・・・どこまで実話なん?