8月26日(水)21:05〜21:30
主演:後藤淳平&ヒロイン:徳永えり&監督:木下半太 登壇
トークイベント付き舞台挨拶レポート

ジャルジャル後藤淳平“初”の映画単独主演を飾り、作家で俳優の木下半太の自伝的小説を原作者自らがメガホンをとり映画化された『ロックンロール・ストリップ』が、全国にて順次公開中です。
本作は、大阪のストリップ劇場を舞台に、映画監督を夢見る劇団座長が売れない劇団員とともに、奇跡のパフォーマンスを繰り広げる痛快エンターテインメント。
監督は、自伝的小説「ロックンロール・ストリップ」(小学館文庫・刊)の原作者・木下半太。
本作にて長編映画監督デビューし、20年越しの夢を叶えております。
東京・テアトル新宿にて主演・後藤淳平×ヒロイン・徳永えり×監督・木下半太が登壇するトークイベント付き舞台挨拶が開催されましたので、ご報告いたします。

【映画『ロックンロール・ストリップ』トークイベント付き舞台挨拶】

映画“初”単独主演のジャルジャル後藤淳平にとっての青春は、芸人始めたてのオーディションに全然受からなかった時期が青春!

映画「ロックンロール・ストリップ」トークイベント付き舞台挨拶が26日、東京・テアトル新宿で行われ、主演を務めたお笑いコンビ・ジャルジャルの後藤淳平、共演の徳永えり、原作者でメガホンをとった木下半太監督が登壇した。

 本作は、木下監督の自伝的同名小説を実写映画化したもので、大阪のストリップ劇場を舞台に、映画監督を夢見る劇団座長・木村勇太(後藤)が、売れない劇団員とともに奇跡のパフォーマンスを繰り広げる姿を描いた痛快エンターテインメント。

 25年越しの夢であった映画監督デビューを果たした木下監督は、初日舞台挨拶に引き続き「監督になったぞー!」と絶叫して会場から温かい拍手を浴び、「まさか自分の自伝を最初に映画化して、監督するとは思ってもいませんでしたが、8割くらいは本当の話です」とコメントして、鑑賞直後の観客を驚かせた。

 そんな監督と一緒に仕事をしての感想を聞かれた後藤は「ずっとキラキラされていて、ハッピーオーラがすごかったですね。それがストリップ劇場全体を包み込んで、みんな幸せに仕事をさせていただきました」と笑顔で語り、徳永も「ずっと楽しそうで、それが1番嬉しかったですね。わたし自身はモニター前に監督がいて、監督が楽しそうにモニターを見つめてくれていれば、それだけで大丈夫だと思えるので、最後まで楽しそうに見ていらっしゃったのが印象的です」と声を弾ませた。

 また、撮影初日は、後藤演じる木村と、徳永演じる木村の恋人・栗山千春の別れのシーンの撮影が行われたそうで、木下監督は「何も撮っていないのにいきなりケンカして、いきなり徳永さんが泣いてるから、“女優ってすごいなあ!”って…」と徳永の泣きの演技に舌を巻くと、後藤から「監督も泣いてました」と暴露される一幕も。これに会場から笑いが起こると、木下監督は「あまりにも感動して(笑)。周りのスタッフから『早い、早い!』って言われて…(笑)」と苦笑していた。

 さらに、後藤と徳永は初共演だったそうで、お互いの印象を尋ねられると、後藤は「初共演なんですけど、地元が一緒なんですよ!安心感があるなと思ったら地元が一緒で、通っていたスイミングスクールも一緒だったんです」と打ち明け、「“同じ釜の飯を食う”って言いますけど、同じプールで泳いでいたんです」とニッコリ。2人のとなり町に住んでいたという監督は、自然な関西弁を求め、関西出身者のキャスティングをお願いしたことも告白した。  本作の内容にちなみ、もしストリップ劇場で前座をしてほしいとの依頼があったら、どんなパフォーマンスをするか質問されると、後藤は「(相方の)福徳(秀介)を連れて行っていいですよね?さすがに単体は…」とお願いし、「ちょうどストリップのネタが1本だけあるんです。福徳が脱ぎそうになって、お客さんの僕が『脱ぎそう・脱ぎそう…脱がなーい。おっ、おっ、おっ、おっ…おうん』ってだけのネタがあるんです。それをやります」と返答。これに観客からは笑い声が漏れ、徳永もお腹を抱えて膝から崩れ落ちた。

 さらに、本作の内容にちなみ、自身にとっての“青春”とは?と聞かれると、後藤は「芸人始めたてのオーディションに全然受からなかった時期は、いま考えたら青春だと思いますね」と吐露し、「月に1回しかオーディションを受けられなくて、何年も上がれないという中で、お互いに試行錯誤しながら、福徳がいきなり坊主にしたり、福徳の坊主が伸びきったあとに僕が坊主にしたり、ヒゲを生やそうと思ったらお互いに産毛しか生えなかったり、1人入れてトリオにしてみよう思ったり。そういう時期は、いま考えたら青春でしたね」としみじみ。

 同じ質問に、徳永は「10代の頃から(芸能の)お仕事をさせてもらっていたんですけど、高校生のときにスポ根ものが流行っていて、チアダンスとか、吹奏楽とか、ピアノとか、いろんなものが一気にきていて、スケジュールを見ると今日はピアノのレッスン、今日はダンスのレッスンって、仕事なのか習い事なのかわからないくらいレッスンが多かった時期があったんです」と回顧し、「それは学校に行けていなかった分、青春だったなって思いますね」と懐かしんだ。さらに、木下監督は「今ですね。だって、やっと夢が叶って映画監督になったので」と目を輝かせ、「勢いあまってこの映画の前売りチケットを1000枚購入して、それを手売りしています。先週は岡山まで売りに行きました。僕が映画監督になって、その映画に僕の劇団員が出られるように頑張らないとなと思っています」と言葉に力を込めた。

テアトル新宿での上映は8/27(木)まで!

テアト新宿(https://ttcg.jp/theatre_shinjuku/)での上映は8/27(木)までとなります。
お早めに劇場にてご覧ください!

後藤淳平&監督:木下半太 初日舞台挨拶レポート

ジャルジャル後藤淳平“初”の映画単独主演を飾り、作家で俳優の木下半太の自伝的小説を原作者自らがメガホンをとり映画化された『ロックンロール・ストリップ』が、8月14日(金)よりテアトル新宿ほかにて公開スタートとなりました。
本作は、大阪のストリップ劇場を舞台に、映画監督を夢見る劇団座長が売れない劇団員とともに、奇跡のパフォーマンスを繰り広げる痛快エンターテインメント。
監督は、自伝的小説「ロックンロール・ストリップ」(小学館文庫・刊)の原作者・木下半太。
本作にて長編映画監督デビューし、20年越しの夢を叶えております。
初日、メイン館の東京・テアトル新宿にて主演・後藤淳平×監督・木下半太が登壇する初日舞台挨拶が開催されましたので、ご報告いたします。

【映画『映画『ロックンロール・ストリップ』初日舞台挨拶】

映画“初”単独主演のジャルジャル後藤淳平、新たな夢は「宇宙で無重力状態でネタをしたいな」

初日舞台挨拶

映画「ロックンロール・ストリップ」初日舞台挨拶が14日、東京・テアトル新宿で行われ、主演を務めたお笑いコンビ・ジャルジャルの後藤淳平、原作者でメガホンをとった木下半太監督が登壇した。

 本作は、木下監督の自伝的同名小説を実写映画化したもので、大阪のストリップ劇場を舞台に、映画監督を夢見る劇団座長・木村勇太(後藤)が、売れない劇団員とともに奇跡のパフォーマンスを繰り広げる痛快エンターテインメント。

 本作にて長編映画監督デビューし、25年越しの夢を叶えた木下監督は、冒頭の挨拶で「25年前から映画の初日にはこう言おうと決めていました。『映画監督になったぞー!』」とガッツポーズして観客から温かい拍手を浴び、本作で映画単独初主演を務めた後藤は「僕は精一杯やらせてもらったんですけど、何より夢が叶った監督のお手伝いができたということが幸せです。現場でも目をキラキラさせて、めちゃくちゃ楽しそうでした」と祝福。続けて、木下監督は「25年待って叶った夢なので嬉しすぎて、撮影初日のクランクインが朝7時くらいだったんですけど、最初の『よーい、スタート!』を興奮しすぎて叫びすぎて、近所から苦情か来たんですよ」と裏話を披露して、会場を沸かせた。

 また、自身と木村勇太役の似ているポイントを聞かれた後藤は「似ているところはピンチが起きても足掻くことをやめないというか、足掻き続けるところは似ているなって思いますね」と答え、「僕たちもオーディションが受からなかったり、いろんな試行錯誤をして、足掻いて足掻いて新しい形が見えてくるところは似ているなと思います」としみじみ。「似ていないところは見た目。見た目は違うなと初めてお会いしたときに思いました」とぶっちゃけ、監督を笑わせた。

 さらに、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の“踊りたくない芸人”に出演したことがある後藤だが、劇中でダンスを披露していることが話題に上がると、会場からクスクスと笑いが。これに後藤は「『頑張った!』っていうのは恥ずかしいんですけど、あれは本当に頑張りました」と吐露して拍手を浴び、木下監督が「あのダンスだけで朝から(次の日の)朝までやりました」と告白すると、後藤は「不安な顔で踊るのはやめてくれと。顔を作っていたらなんとか形になるからと監督からアドバイスをいただきました」と当時を振り返った。

 加えて、厳しいダンスの先生につきっきりで指導いただいたという後藤は「今までで1番わかりやすく教えてくださいました。専門用語、一切なし!」と笑顔で語り、木下監督が「その先生は普段、小さい子を教えているんですよ。それが良かったんじゃないかなと思います」と分析すると、後藤は「確かに、子どもに教えるように丁寧にできるまで。笑わずずっと教えてくださいました!」と初日の劇場に駆けつけてくれた同先生に感謝した。

 今作で、映画監督デビュー&映画単独初主演を果たし、夢を叶えた2人は、“これから叶えたい夢”を聞かれると、後藤は「僕らはネタを中心に、今できることをコツコツやりながらみなさんに楽しんでいただいて、楽しんでいただける人をどんどん増やしていろんな人に楽しんでいただきたい。ゆくゆくは国境を超えて海外の方にも楽しんでいただけるようなエンターテイナーになれたらなと思っております」と目を輝かせ、「そのあとは、宇宙で無重力状態でネタをしたいなという話も最近チラッと出ています」とコメントして観客を笑わせた。

 同じ質問に、木下監督は「まだ劇団をやっていて、コロナで公演が打てない状態ではあるんですが、オンライン劇をやって今もがいているので、今のこの映画を見て“変わってないな。今も一緒やなあ”と。最後の(シーンの)仏壇の写真は俺の親父の写真で、それを映画で使えて、かつ自分の息子が見に来ているというのが、“なんて俺の人生エモいんだ”と思って…」と感慨深げに語り、「僕の夢というよりは、自分の息子たちに『夢は諦めるなよ』ってことはこれからも言っていきたいなと思います」とニッコリ。さらに木下監督は「ただ息子たちの今の夢が、(ゲームの)フォートナイトのプロになるって。『稼ぐから安心して』って言われました」とオチをつけて会場の笑いを誘った。

8月14日(金)18:15の回上映後
テアトル新宿にて初日舞台挨拶開催決定!

いよいよ8月14日(金)よりテアトル新宿ほかにて全国順次公開される映画『ロックンロール・ストリップ』
初日の8月14日(金)18:15回上映後、メイン館の東京・テアトル新宿にて初日舞台挨拶を開催することが決定いたしました!
主演・後藤淳平×監督・木下半太による生登壇も予定しております!
後藤の単独初主演の心境はいかに?夢を叶えた木下監督からはどんな表情がこぼれるのか!?
負け犬が夢を追いかけ続ける、笑って泣ける青春群像劇をお楽しみ下さい!

【映画『ロックンロール・ストリップ』初日舞台挨拶 詳細】

<日 時>

8月14日(金) 18:15の回(予告なし/上映後舞台挨拶)

<場 所>

東京・テアトル新宿

<登壇者>

主演:後藤淳平(ジャルジャル) 監督:木下半太 (予定)
※登壇者は予告なく変更になる場合がございます。

<料 金>

通常料金
※前売特別鑑賞券、各種割引の使用可
※各種ご招待券、株主ご招待券、無料券の使用不可

<チケット販売>

オンラインケット予約、および劇場窓口にて販売いたします。
※全席指定
※立見券の販売はございません。
※座席の間隔を1席ずつ空けた状態での販売となります。

<オンライン販売>

8月7日(金)19:00~上映時間 20 分前まで販売
主演:後藤淳平 & 監督:木下半太 登壇
8月14日(金)18:15の回上映後
※クレジットカード決済のみ使用可能。
※オンライン予約販売をご利用のお客様は、劇場備え付けの発券機でチケット発券か、予約完了メールの画面提示、
もしくはメール内容が印刷された用紙のご提示でご入場いただけます。
※上映開始直前は発券機の混雑が予想されますのでお早めに発券をお済ませください。
混雑により上映開始までに発券が間に合わなかった場合も一切の保障は致しかねます。

【劇場窓口販売】

8月8日(土)朝 OPEN 時より販売
※前売特別鑑賞券のお引き換えは劇場窓口のみとなります。
※劇場窓口販売前に座席指定席が完売した場合、窓口でのチケット販売はございません。
※混雑状況等により販売開始時刻は前後する場合がございます。
※窓口の営業時間は当館開館時刻から最終回上映開始時刻までとなります。

≪注意事項≫

□登壇者は都合により、予告なく変更となる場合がございます。
□場内での撮影、録音等は固くお断りいたします。
□登壇ゲストへのプレゼントは劇場スタッフが事前にお預かり致します。
□マスコミの撮影が入る場合がございます。その際、お客様が映像等に映り込む可能性がございますこと予めご了承 ください。
□舞台挨拶前日までにチケットが完売した場合、当日券の販売はございません。
□転売を目的としたご購入は固くお断りいたします。
□ご購入、お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。
□急遽変更、天候、災害その他やむを得ない事由により中止になる場合もございます。あらかじめご了承下さ いませ。
■その他、混雑状況など詳細につきましては、劇場までお問合せ下さい。
テアトル新宿 03-3352-1846
※営業時間外、混雑時はテープでのご案内となります。

初日、8月14日(金)が決定!
まさかの踊りまくる後藤淳平(ジャルジャル)の予告編も解禁!

ジャルジャル後藤淳平“初”の映画単独主演を飾り、作家で俳優の木下半太の自伝的小説を原作者自らがメガホンをとり映画化された『ロックンロール・ストリップ』が、テアトル新宿にて8月14日(金)より公開することが本日、発表となりました!
さらに、「踊れない芸人」とされている後藤淳平が、まさかの踊りまくりな笑劇パフォーマンスを繰り広げている予告編も解禁となりましたので、必見です!

ポスタービジュアル解禁&キャスト発表
バンド「Calmera」が“初”の映画音楽を単独担当も!

ジャルジャル後藤淳平“初”の映画単独主演を飾り、作家で俳優の木下半太の自伝的小説を原作者自らがメガホンをとり映画化された『ロックンロール・ストリップ』は、テアトル新宿(東京)にて公開。
そのポスタービジュアル解禁&キャスト発表がされました!

映画『ロックンロール・ストリップ』ポスター

夢だけはデカい木村勇太(後藤淳平)の恋人・栗山千春役に徳永えり、ストリップ劇場で前座をやってほしいと勇太に頼む美人ストリッパー旭川ローズ<冬音>役に智順、勇太の妹で人気ロックバンド「マチルダ」のボーカル・木村朋美役に三戸なつめ。そして、坂口涼太郎、ぎい子、深沢敦、やべきょうすけ、木下ほうかなど個性派俳優が脇を固めております。
さらに、物語に濃いめのエッセンスを加えている品川祐(品川庄司)、村田秀亮(とろサーモン)、堤下敦(インパルス)の出演も明らかになりました!
さらに、史上最大のひとり芸No.1決定戦「R-1ぐらんぷり」オープニング曲である「ロックンロールキャバレー」を演奏しているバンド「Calmera」が楽曲を担当することも発表となりました。
「Calmera」が単独で映画の劇中音楽に携わるのは“初”となります!

監督は、自伝的小説「ロックンロール・ストリップ」(小学館文庫・刊)の原作者・木下半太。
本作にて長編映画監督デビューし、20年越しの夢を叶えております。
負け犬が夢を追いかけ続ける、笑って泣ける青春群像劇をお楽しみ下さい!

7/10(金) 映画『ロックンロール・ストリップ』先行上映会決定!

<開催場所>
第七藝術劇場
大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ6F
※最寄り駅 阪急電車十三駅

<開催日時>
7/10(金)19:30の回 上映&舞台挨拶
※19:10より開場

<登壇者>
後藤淳平(ジャルジャル)、木下半太監督
※やむを得ない事情により登壇者は予告なく変更となる場合がございますので、あらかじめご了承下さい

<鑑賞料金>
特別興行につき一律 2,000円
※各種割引・サービスデーは適用外
※劇場招待券、サポート鑑賞券使用不可

< 劇場HP>
http://www.nanagei.com/mv/mv_n1485.html

●ご来場様へのお願いとご注意。
・発熱や風邪の症状があり体調にご不安のある方は、ご来館をお控えください。
・必ずマスクのご持参・ご着用をお願いします。ご着用いただけない方は、ご入場いただけません。
・チケットご購入の際に、非接触体温計での検温を実施させていただきます。37.5℃以上のお客様には申し訳ございませんが入場をご遠慮いただきます。
・館内にアルコール消毒液を設置しておりますので、こまめな手洗いと消毒をお願いします。
・原則として、座席間隔を1席空けてのご案内とさせていただきます。
※その他の感染予防対策はこちらです。こちらも必ずご一読下さい。
http://www.nanagei.com/news200519.html

●本チケットの先行販売期間は、【2020年7月7日(火) 12:00 ~7月9日(木) 23:59】となります。
●お一人様2枚までのご購入でお願いいたします。
●お席は、おおまかな座席位置のご希望を3種のゾーンからお選びいただき、具体的な座席番号は劇場の方で指定させていただきます。あらかじめご了承下さいませ(舞台挨拶がございますので、最前列は使用を中止させていただきます)。
●車椅子にてご鑑賞のお客様は、その旨を「備考欄」に明記して下さい。
●当日、劇場受付にてお名前をおっしゃっていただき、その場でチケットをお渡しさせていただきます(事前のチケットの発券や発送はございません)。
●先行販売にて完売の場合、当日券の販売はございません。
●ご購入後のキャンセルはお控え下さいますよう、皆様のご協力の程よろしくお願い致します。

<お問い合わせ>
第七藝術劇場
電話:06-6302-2073

2020.3.17(火)主演発表!

映画『ロックンロール・ストリップ』×ジャルジャル 後藤淳平

木下半太の長編映画監督デビュー作でもある映画『ロックンロール・ストリップ』の主演をジャルジャル 後藤淳平が務めることが本日発表となりました!

後藤さんの映画単独主演は“初”となります。

後藤淳平 コメント ―

監督の自伝的小説の映画化ということでかなりのプレッシャーがありましたが、監督の下積み時代の話が、僕の下積み時代の話とかなり重なる部分があったので思い切ってチャレンジさせてもらいました。
「映画監督になりたいんです。」という台詞があったのですが、それを実際に映画監督になった監督が撮影しているという状況に鳥肌が立ちました。
目をキラキラさせて撮影している監督に引っ張られるように、出演者もスタッフさんも全員目がキラキラしていました。

スクリーンからもそのキラキラは必ず伝わります!
そして観ているお客さんの目もキラキラさせることでしょう!
まだ何者でもない若者ががむしゃらに夢を追う姿は尊い!
みんなに観てほしい!!

映画『ロックンロール・ストリップ』は、大阪のストリップ劇場を舞台に、映画監督を夢見る劇団座長が、売れない劇団員たちとともに奇跡のパフォーマンスを繰り広げる、痛快エンターテインメントとなっております。
笑って泣ける群像劇に待ち受ける、笑劇の結末とは?

この夏、負け犬が走り続ける青春映画をお楽しみください!