8月14日(金)18:15の回上映後
テアトル新宿にて初日舞台挨拶開催決定!

いよいよ8月14日(金)よりテアトル新宿ほかにて全国順次公開される映画『ロックンロール・ストリップ』
初日の8月14日(金)18:15回上映後、メイン館の東京・テアトル新宿にて初日舞台挨拶を開催することが決定いたしました!
主演・後藤淳平×監督・木下半太による生登壇も予定しております!
後藤の単独初主演の心境はいかに?夢を叶えた木下監督からはどんな表情がこぼれるのか!?
負け犬が夢を追いかけ続ける、笑って泣ける青春群像劇をお楽しみ下さい!

【映画『ロックンロール・ストリップ』初日舞台挨拶 詳細】

<日 時>

8月14日(金) 18:15の回(予告なし/上映後舞台挨拶)

<場 所>

東京・テアトル新宿

<登壇者>

主演:後藤淳平(ジャルジャル) 監督:木下半太 (予定)
※登壇者は予告なく変更になる場合がございます。

<料 金>

通常料金
※前売特別鑑賞券、各種割引の使用可
※各種ご招待券、株主ご招待券、無料券の使用不可

<チケット販売>

オンラインケット予約、および劇場窓口にて販売いたします。
※全席指定
※立見券の販売はございません。
※座席の間隔を1席ずつ空けた状態での販売となります。

<オンライン販売>

8月7日(金)19:00~上映時間 20 分前まで販売
主演:後藤淳平 & 監督:木下半太 登壇
8月14日(金)18:15の回上映後
※クレジットカード決済のみ使用可能。
※オンライン予約販売をご利用のお客様は、劇場備え付けの発券機でチケット発券か、予約完了メールの画面提示、
もしくはメール内容が印刷された用紙のご提示でご入場いただけます。
※上映開始直前は発券機の混雑が予想されますのでお早めに発券をお済ませください。
混雑により上映開始までに発券が間に合わなかった場合も一切の保障は致しかねます。

【劇場窓口販売】

8月8日(土)朝 OPEN 時より販売
※前売特別鑑賞券のお引き換えは劇場窓口のみとなります。
※劇場窓口販売前に座席指定席が完売した場合、窓口でのチケット販売はございません。
※混雑状況等により販売開始時刻は前後する場合がございます。
※窓口の営業時間は当館開館時刻から最終回上映開始時刻までとなります。

≪注意事項≫

□登壇者は都合により、予告なく変更となる場合がございます。
□場内での撮影、録音等は固くお断りいたします。
□登壇ゲストへのプレゼントは劇場スタッフが事前にお預かり致します。
□マスコミの撮影が入る場合がございます。その際、お客様が映像等に映り込む可能性がございますこと予めご了承 ください。
□舞台挨拶前日までにチケットが完売した場合、当日券の販売はございません。
□転売を目的としたご購入は固くお断りいたします。
□ご購入、お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。
□急遽変更、天候、災害その他やむを得ない事由により中止になる場合もございます。あらかじめご了承下さ いませ。
■その他、混雑状況など詳細につきましては、劇場までお問合せ下さい。
テアトル新宿 03-3352-1846
※営業時間外、混雑時はテープでのご案内となります。

初日、8月14日(金)が決定!
まさかの踊りまくる後藤淳平(ジャルジャル)の予告編も解禁!

ジャルジャル後藤淳平“初”の映画単独主演を飾り、作家で俳優の木下半太の自伝的小説を原作者自らがメガホンをとり映画化された『ロックンロール・ストリップ』が、テアトル新宿にて8月14日(金)より公開することが本日、発表となりました!
さらに、「踊れない芸人」とされている後藤淳平が、まさかの踊りまくりな笑劇パフォーマンスを繰り広げている予告編も解禁となりましたので、必見です!

ポスタービジュアル解禁&キャスト発表
バンド「Calmera」が“初”の映画音楽を単独担当も!

ジャルジャル後藤淳平“初”の映画単独主演を飾り、作家で俳優の木下半太の自伝的小説を原作者自らがメガホンをとり映画化された『ロックンロール・ストリップ』は、テアトル新宿(東京)にて公開。
そのポスタービジュアル解禁&キャスト発表がされました!

映画『ロックンロール・ストリップ』ポスター

夢だけはデカい木村勇太(後藤淳平)の恋人・栗山千春役に徳永えり、ストリップ劇場で前座をやってほしいと勇太に頼む美人ストリッパー旭川ローズ<冬音>役に智順、勇太の妹で人気ロックバンド「マチルダ」のボーカル・木村朋美役に三戸なつめ。そして、坂口涼太郎、ぎい子、深沢敦、やべきょうすけ、木下ほうかなど個性派俳優が脇を固めております。
さらに、物語に濃いめのエッセンスを加えている品川祐(品川庄司)、村田秀亮(とろサーモン)、堤下敦(インパルス)の出演も明らかになりました!
さらに、史上最大のひとり芸No.1決定戦「R-1ぐらんぷり」オープニング曲である「ロックンロールキャバレー」を演奏しているバンド「Calmera」が楽曲を担当することも発表となりました。
「Calmera」が単独で映画の劇中音楽に携わるのは“初”となります!

監督は、自伝的小説「ロックンロール・ストリップ」(小学館文庫・刊)の原作者・木下半太。
本作にて長編映画監督デビューし、20年越しの夢を叶えております。
負け犬が夢を追いかけ続ける、笑って泣ける青春群像劇をお楽しみ下さい!

7/10(金) 映画『ロックンロール・ストリップ』先行上映会決定!

<開催場所>
第七藝術劇場
大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ6F
※最寄り駅 阪急電車十三駅

<開催日時>
7/10(金)19:30の回 上映&舞台挨拶
※19:10より開場

<登壇者>
後藤淳平(ジャルジャル)、木下半太監督
※やむを得ない事情により登壇者は予告なく変更となる場合がございますので、あらかじめご了承下さい

<鑑賞料金>
特別興行につき一律 2,000円
※各種割引・サービスデーは適用外
※劇場招待券、サポート鑑賞券使用不可

< 劇場HP>
http://www.nanagei.com/mv/mv_n1485.html

●ご来場様へのお願いとご注意。
・発熱や風邪の症状があり体調にご不安のある方は、ご来館をお控えください。
・必ずマスクのご持参・ご着用をお願いします。ご着用いただけない方は、ご入場いただけません。
・チケットご購入の際に、非接触体温計での検温を実施させていただきます。37.5℃以上のお客様には申し訳ございませんが入場をご遠慮いただきます。
・館内にアルコール消毒液を設置しておりますので、こまめな手洗いと消毒をお願いします。
・原則として、座席間隔を1席空けてのご案内とさせていただきます。
※その他の感染予防対策はこちらです。こちらも必ずご一読下さい。
http://www.nanagei.com/news200519.html

●本チケットの先行販売期間は、【2020年7月7日(火) 12:00 ~7月9日(木) 23:59】となります。
●お一人様2枚までのご購入でお願いいたします。
●お席は、おおまかな座席位置のご希望を3種のゾーンからお選びいただき、具体的な座席番号は劇場の方で指定させていただきます。あらかじめご了承下さいませ(舞台挨拶がございますので、最前列は使用を中止させていただきます)。
●車椅子にてご鑑賞のお客様は、その旨を「備考欄」に明記して下さい。
●当日、劇場受付にてお名前をおっしゃっていただき、その場でチケットをお渡しさせていただきます(事前のチケットの発券や発送はございません)。
●先行販売にて完売の場合、当日券の販売はございません。
●ご購入後のキャンセルはお控え下さいますよう、皆様のご協力の程よろしくお願い致します。

<お問い合わせ>
第七藝術劇場
電話:06-6302-2073

2020.3.17(火)主演発表!

映画『ロックンロール・ストリップ』×ジャルジャル 後藤淳平

木下半太の長編映画監督デビュー作でもある映画『ロックンロール・ストリップ』の主演をジャルジャル 後藤淳平が務めることが本日発表となりました!

後藤さんの映画単独主演は“初”となります。

後藤淳平 コメント ―

監督の自伝的小説の映画化ということでかなりのプレッシャーがありましたが、監督の下積み時代の話が、僕の下積み時代の話とかなり重なる部分があったので思い切ってチャレンジさせてもらいました。
「映画監督になりたいんです。」という台詞があったのですが、それを実際に映画監督になった監督が撮影しているという状況に鳥肌が立ちました。
目をキラキラさせて撮影している監督に引っ張られるように、出演者もスタッフさんも全員目がキラキラしていました。

スクリーンからもそのキラキラは必ず伝わります!
そして観ているお客さんの目もキラキラさせることでしょう!
まだ何者でもない若者ががむしゃらに夢を追う姿は尊い!
みんなに観てほしい!!

映画『ロックンロール・ストリップ』は、大阪のストリップ劇場を舞台に、映画監督を夢見る劇団座長が、売れない劇団員たちとともに奇跡のパフォーマンスを繰り広げる、痛快エンターテインメントとなっております。
笑って泣ける群像劇に待ち受ける、笑劇の結末とは?

この夏、負け犬が走り続ける青春映画をお楽しみください!